福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

「報告・連絡・相談」上手は仕事人として一流!

2013年7月16日

連日の猛暑と不安定なお天気に悩まされていますが・・・皆様いかがお過ごしですか?

penis growth

最近、中間管理職育成の依頼が増えてきています!

特に「報告・連絡・相談」というコミュニケーションの不足が経営者のストレスになっています。

ある顧問先の社長が、“社員の皆様へのメッセージ”として毎月社内報として書かれているのが先日届きました。

それを取り上げてみましょう。

『報告・連絡・相談』の意義

『毎月弊社の経営指導を頂いている矢野先生より「報・連・相」について、厳しいご指導を頂きました。

特に“報告”の考え方であります。弊社の空気を見ていると“部下の上司に対する報告が少なすぎて、弊社のコミュニケーションが取れず、ベクトルが合わず適切な意思決定が行われないためにムダが多く、大変な労力を使い社員の皆が疲れている”と矢野先生は分析されています。

“報告”というものは基本的に部下が上司にするもので、上司は部下に報告をしなくても良いもの。部下の上司への“報告”は、「どこまで・どのくらい」の“取捨選択”はないことです。

こと細かく全てを上司に“報告”する義務があります。

(たとえばお客様とゴルフに行った。どんなスコアーでどんな話しが出たかetc・・・)

“報告”した時上司がどう判断するか・・・、どんな感想を言うのか・・・その時が部下の学びなんです。

部下の報告 ⇒ 上司のアドバイス

部下の報告 ⇒ 上司の決断の仕方

部下の報告 ⇒ 上司の行動パターン

部下の報告 ⇒ 上司の判断力(判断の仕方)、その上司の言葉(判断を学ぶことです)

部下は上司の報告に対して“取捨選択”ない。

逐一報告するからコミュニケーションが生まれ上司との『信頼関係』ができ、そこで初めて『権限委譲』が起こるわけです。

ここで勘違いしてはいけないのは、『権限委譲』されたからと言って“報告”しなくて良いということは絶対ありません。

『権限委譲』されたからこそ上司に報告し、“経営者の判断を学ぶ”ということです。

このような報告が出来る、だから一般社員の人たちから経営者(社長)までのベクトルが合い、正しい決断・行動が出来、気持ちの良い会社が創られるということです。

『信頼関係』(上司と部下)を堅固なものにするためにこと細かく全てを毎日報告する良い癖を実行して下さい。(矢野先生有難うございました)』と・・・。

私が思うのに、仕事人には一流・二流・三流という段階があると思うのです。

その中で“報告”がきちんとできる人は“一流”だということですね。

“一流”の人はだから“一流”の仕事ができる。

そういう人は仕事を通して社会に多大な貢献ができる。

だから、成功者となれるのだと思います。