福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

【“できる経理”養成講座】入社3年以上の経理担当者の意識次第で会社の盛衰は決まる!

2015年11月6日

経理担当者が、経営者の考え方を理解できないで単なる社員レベルの意識だと会社は守れません。

これまでの経理は、伝票起票や帳簿記帳、決算書作成、税務申告の会計処理が中心だと考えられてきたことが中小企業を弱体化していると考えています。

これからの経理は、経営者の意思決定を援助する強力な補佐役・参謀とならなければならないのです。

ところが、経理部門の改革は非常に難題です。

その理由は、経理は数字的にも1円でも間違ってはいけないという責任感と過去の会計に固執し、正しい数字の積み上げをしている部門でもあるからです。

ある意味、それは正しいことです!

しかし、そのためになかなか大局で物事を判断するということにはなっていなのです。

その在籍が長ければ長いほど、処理のベテランではありますが、客に、自分の仕事の領域を作り、頑固・かたくなな人間になっています。

言い換えれば“お局様化”してしまっているということです。

経営者としては大変迷惑なことですが、それを引きづりながら我慢していることも実態です。

私もかつて5年間ほど、ある会社の経理をしたことがあります。

入社3年でそういう自分になっていることに気づきました。

この経験から3年以上の経理担当者を会社の役に立つ社員に育てるために“できる経理”養成講座を開講したのです!

 

【超わかりやすい経営実践セミナー】

11月10日(火)社長夫人は会社経営のプロになれ!

12月8日(火)“できる経理”は、何が違うのか?

1月12日(火)社長!数字が苦手だと潰れますよ!

【桂福岡倶楽部】

11月6日(金)何処に―あなたはどこへ到着するのか

12月4日(金)生き方と経営-生き方が経営を決める

2月未定(金) なぜここに居る-ルーツと経営

【福岡イメージアップ戦略室】

11月12日(木)・26日(木)

「見た目を変えたら業績がアップする」
~あなたの会社のイメージアップ戦略を考えたことがありますか?~

【経営見える化実践塾】2016年

第1講 5月13日(金)・9月16日(金) 正しい月次決算の早期実現へ向けての仕組みづくり

第2講 5月14日(土)・9月16日(土)  常に次の一手が打てるような決算書の読み方

第3講 6月10日(金)・10月21日(金)  必要利益を算出し、利益計画を立てる

第4講 6月11日(土)・10月22日(土)  売上-必要利益=経費(許容コスト)を算出し、経費予算を立てる

第5講 7月8日(金)・11月11日(金)  四半期ごとに実績管理と決算に向けての着地点予測の立て方

第6講 7月9日(土)・11月12日(土)  講座のまとめと実践的な課題解決

【社長夫人革新講座】2016年

第1講 2月19日(金)・8月8日(金) オリエンテーション&問題抽出

第2講 2月20日(土)・8月9日(土) 自社と社長の特性を知る

第3講 3月11日(金)・9月5日(金) 決算書の見方Ⅰ

第4講 3月12日(土)・9月6日(土) 正しい月次決差の早期実現のための条件づくり

第5講 4月12日(金)・10月3日(金) 決算書の見方Ⅱ

第6講 4月13日(土)・10月4日(土) 資金繰りの作成と利益計画の立て方

できる経理養成講座】2016年

第1講 5月27日(金) 社長が見たい数字とは何か?

第2講 5月28日(土) 経営をサポートするための財務諸表の見方、考え方

第3講 6月17日(金) 未来を見据えた月次決算の組み立て方

第4講 6月18日(土) 資金繰りの実務

できる経理養成講座・後期】2016年

第1講 9月14日(水) 経営分析で宝の山を見つける①

第2講 9月15日(木) 経営分析で宝の山を見つける②

第3講 10月12日(水) キャッシュフローと資金繰りの実務①

第4講 10月13日(木) キャッシュフローと資金繰りの実務②

第5講 11月25日(金) 今期の着地予測と経費予算の立て方①

第6講 11月26日(土) 今期の着地予測と経費予算の立て方②