福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

創業10年は第1創業期。第2創業期はしっかりした土壌づくりを!

2013年4月30日

昨日、長野県伊那市で開催している“利益倍増実践塾”の受講されている創業12年会社のご夫妻をフォローアップに行ってきました。

そして、3期分の決算書を見せていただきました。

悩みは、第1創業期の創業から10年をガムシャラに売上と利益をあげることだけに全力投球してきたが、第2創業期に入ったいま……「これからどうしていけば良いのか?」と。

「いよいよ経営の基盤を構築するときが来たのです!」とお答えしました。

  1. 経営理念を明確にする
  2. 人材育成と組織作りに取り組む
  3. 社内システムの構築する
  4. 業績管理の仕組みをつくる

以上の内容を具体化することが、経営の基盤を作ることになります。

社長夫人も今までは余り会社に関わっておられなかった様子……。

しかし、「これからは社長夫人の力が必要になってきますよ!」とお二人に話しました。

すると社長は「家内とジックリ話し合ってみます!」とのこと。

adobe acrobat free download

経営基盤構築には、社長夫人が力を発揮することをこれまでの体験からわかっています!