福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

正しい数字ができれば、正しい判断ができる!ある赤字会社が再度甦った!

2014年11月21日

ある魚屋さんがあります。

 

4店舗の一つは赤字店舗になっているので9月で撤退しましました。

 

他の3店舗は黒字ですから、これでこの会社は甦ります。

 

10年前に新規出店をしたのですが、無計画な出店だったので2億近い借金を遺して残して撤退をし、約2.5億の売上では返済できなくて、税理士さんから会社を清算してはどうかと言われ、自宅も売り会社を清算する覚悟で社長が相談に見えたことがご縁でした。

 

しかし、決算書を見ると約450万円の経常利益が出ているわけですから、「年間返済金を含めて1000万円の利益があれば会社は救える」と考え、社長に「1000万円の利益をあげる経営努力をすれば会社を清算する必要はありませんよ!」と伝えた時がありました。

 

それまで青い顔をされていたのですが、ス~と赤みがかった表情に変わったことを覚えています。

 

この時が”一燈照隅”だったと思います。

 

それから3年間経営改善のお手伝いをして、目標の1000万円の利益はでるようになったので私も休ませていただくようにしました。

 

しかし、事情があってまた新規出店することになったそうで、それから5年間その店舗は一度も利益を出すことはなかったそうです。

 

そこで、経営者ご家族のご依頼で久しぶりに決算書を見てみると、当時からある3店舗は利益が出ているので、赤字店舗の撤退を勧めました。

 

そして、昨日10月の試算表を見ると前年同月比で売上高が100.4%に、経常利益は前年は150万円の赤字だったのが、今期は330万円の経常利益になりました。

 

これでこの会社は再度甦ることになります。

 

【超わかりやすい経営実践セミナー】

12月9日(火) 財務諸表がスラスラ読めるコツとは?

【経営“見える化”実践塾

第1講11月14日(金)正しい月次決算の早期実現に向けての仕組みづくり

第2講11月15日(土)常に次の一手が打てるような決算書の読み方

第3講12月5日(金)必要利益を算出し、利益計画を立てる

第4講12月6日(土)売上―必要利益=経費(許容コスト)を算出し、経費予算を立てる

第5講1月16日(金)4半期ごとの実績管理と決算に向けての着地点予測の立て方

第6講1月17日(土)講座のまとめと実践的な課題の解決 

【“できる経理”養成講座】2015年

第1講3月13日(金)社長が見たい数字とは何か?

第2講3月14日(土)経営をサポートするための財務諸表の見方

第3講4月10日(金)未来を見据えた月次決差の組み立て方

第4講4月11日(土)資金繰りの実務

【社長夫人革新講座】2015年

第1講 8月8日(金)・第2講 8月9日(土)・第3講 9月5日(金)

第4講 9月6日(土)・第5講 10月3日(金)・第6講 10月4日(土) 

【ホームページ】

福岡経営実務カレッジ

【書籍好評発売中】

『これからの社長夫人は財務分析のプロになれ!』

『これからの社長夫人は会社経営のプロになれ!』