福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

福岡イメージアップ戦略室【桑野優子のQ&A広告編】ターゲットをひきつける広告とは?

2016年1月27日

Q:若い人に今以上に来てもらいたいので、ピンクや黄色を広告に使ってみましたが、あまり効果が見られません。

A:色は若い人向きですね、では文字、書体は?

Q:寺社仏閣の観光ツアーなので、やはり明朝体や筆文字です。

A:そこかもしれませんね!若い人にヒットしない理由は!

あるバスの車内で見つけた広告です。

IMG_9210

歴史の古い宗像大社、でも一見この広告は、宗像大社や宗像という土地に興味のない若い人でも楽しめそうな印象です。

下部は角ゴシック体ですが、真ん中はデザイン文字で、どこかリズミカル。

若い世代が雑誌やサイトでよく目にする書体です。

見慣れた文字には親近感が湧き、自分へのメッセージ、関わりあるものかも?と思わせます。

これまでの文字だと品格もあり荘厳な感じですが、若い世代にはやや敬遠されがち。

FullSizeRender (18)

FullSizeRender (17)

色はもちろんですが、書体もイメージ戦略には欠かせない要素です。

ビジュアルで作る経営戦略セミナー】 1月26日

見た目を変えたら業績がアップする!

~あなたの会社のイメージアップ戦略を考えたことがありますか?~

「人間は、行動の約87%を視覚からの刺激や情報によって判断する」と言われています。

「こっちへ行ってみよう」

「この店に入ってみよう」

「これを買おう」

これらの行動は、視覚によることが多いのです。

そして、特にその視覚の中でも最も速く脳に到達するのが、「色」ある調査会社の報告では、商品や店舗を選ぶ時に「色が、優先順位1位」と答えた人は約75%。

また、「ブランド認知度を上げる要因は色」と答えた人は約80%でした。

つまり、ビジネス現場で「色」を活用すれば、業績アップ、売上アップにつながること間違いなしなのです。

あなたの会社、店舗はお客様にどう映っているのでしょう?

どんなイメージを持たれているでしょう?

商品、サービスの内容がキチンと伝わる、そんな見た目、イメージが伝わっているでしょうか?

外から見た店のイメージ、看板から受けるイメージが店に入ってみると、 「アレ?全然違う」 「この店にこんなユニフォーム?」 「思ったより安っぽいな~等々」。

そんなことが知らず知らずのうちお客様の足を遠のかせているかも知れません。

このセミナーではイメージ戦略が企業の業績にどう関わっているのか、どんな戦略を練っていけば良いのか等、事例を挙げながら説明していきます。

日 時 平成28年1月26日(火)16時~18時

場 所 中央区天神4丁目8―1 天神北 都久志会館 501号会議室

参加費 3,000円(税込) 当日お支払いください

講 師 福岡イメージアップ戦略室 代表 桑野優子

《福岡イメージアップ戦略室へのお問い合わせ》

(092)260-7355

 

【超わかりやすい経営実践セミナー】毎月第2火曜日開催

1月12日(火)これからの社長夫人は会社経営のプロになれ!

【経営“見える化”実践塾】2016年

第1講 5月13日(金)・9月16日(金) 正しい月次決算の早期実現へ向けての仕組みづくり

第2講 5月14日(土)・9月16日(土)  常に次の一手が打てるような決算書の読み方

第3講 6月10日(金)・10月21日(金)  必要利益を算出し、利益計画を立てる

第4講 6月11日(土)・10月22日(土)  売上-必要利益=経費(許容コスト)を算出し、経費予算を立てる

第5講 7月8日(金)・11月11日(金)  四半期ごとに実績管理と決算に向けての着地点予測の立て方

第6講 7月9日(土)・11月12日(土)  講座のまとめと実践的な課題解決

【社長夫人革新講座】2016年

第1講 2月19日(金)・8月8日(金) オリエンテーション&問題抽出

第2講 2月20日(土)・8月9日(土) 自社と社長の特性を知る

第3講 3月11日(金)・9月5日(金) 決算書の見方Ⅰ

第4講 3月12日(土)・9月6日(土) 正しい月次決差の早期実現のための条件づくり

第5講 4月12日(金)・10月3日(金) 決算書の見方Ⅱ