福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

経営陣がそれぞれの立場で実践的な数字を理解すると会社が生まれ変わる!

2015年4月28日

いよいよ明日からゴールデンウィークに入ります。

 

皆さんはどのような計画を立てておられますか?

 

さて、先日 経営“見える化”実践塾の後期を終了しました。

 

タイトルの如く、“先の見える経営”。

 

弊社では、経営“見える化”実践塾、社長夫人革新講座、“できる経理”養成講座の3講座を中心に開講しています。

 

経営陣が、それぞれの立場で先の見える経営に取組むことが会社の活力を創造する根幹と考えています。

 

さて、私のある支援先企業で、近い将来後継者に事業を継承される会社があります。

 

創業35年で堅実な経営をされ、今まで赤字を出したことはありませんでした。

 

自己資本比率は70%、株価は20倍となっています。

 

3年前から新製品開発に取り組み、いよいよ本格的に発売にふみだしました。

 

販売方法はまだまだ試行錯誤の段階ですが、急成長することが期待され、社内も盛り上がっています。

 

しかし、常に採算性、資金調達を考えるのは現社長です。

 

35年間赤字を出したことが無いのは、現社長の数字の強さです。

 

社長夫人も共に社長を支えてきましたが、計数面はどうしても依存しがちで、制度会計の範ちゅうでしかありません。

 

後継者も今は販売に全力投球していて、経営を学ぶ余裕はありません。

 

そこで、社長の経営判断の基礎となる数字を形にすることをお引き受けしました。

 

このノウハウは、さらに皆さんのお役に立つはずです。

 

また新たなテーマを授かりました。

 

【超わかりやすい経営実践セミナー】

5月12日(火)社長夫人は会社経営のプロになれ!

6月9日(火)キャッシュフロー経営の時代!社内に“お金”が眠っている!

7月14日(火)“できる経理”は何が違うのか?

8月11日(火)社長!数字が苦手だと潰れますよ!

9月8日(火)社長夫人は財務分析のプロになれ!

10月13日(火)財務諸表がスラスラ読めるコツとは?

【経営“見える化”実践塾】

第1講 5月22日(金)正しい月次決算の早期実現に向けての仕組みづくり

第2講 5月23日(土)常に次の一手が打てるような決算書の読み方

第3講 6月12日(金)必要利益を算出し、利益計画を立てる

第4講 6月13日(土)売上―必要利益=経費(許容コスト)を算出し、経費予算を立てる

第5講 7月10日(金)4半期ごとの実績管理と決算に向けての着地点予測の立て方

第6講 7月11日(土)講座のまとめと実践的な課題の解決

【“できる経理”養成講座】2015年

第1講 5月15日(金)社長が見たい数字とは何か?

第2講 5月16日(土)経営をサポートするための財務諸表の見方

第3講 6月5日(金)未来を見据えた月次決差の組み立て方

第4講 6月6日(土)資金繰りの実務

【社長夫人革新講座】2015年

第1講 8月8日(金) オリエンテーション&問題抽出

第2講 8月9日(土) 自社と社長の特性を知る

第3講 9月5日(金) 決算書の見方Ⅰ

第4講 9月6日(土) 正しい月次決差の早期実現のための条件づくり

第5講 10月3日(金) 決算書の見方Ⅱ

第6講 10月4日(土) 資金繰りの作成と利益計画の立て方

【書籍好評発売中】

『これからの社長夫人は財務分析のプロになれ!』

『これからの社長夫人は会社経営のプロになれ!』