福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

経理・財務部門の革新が経営“見える化”につながる

2015年6月10日

経営“見える化”を図り、円滑な経営活動を実践するには、まず経理・財務部門の革新を図ることが重要になってきます。

 

経理・財務部門の革新とは、総務・経理・財務部門が経営活動の中枢を担う部署として位置づけ、「経営管理」、「経営企画室」部門に格上げし、それに相応しい経理・財務担当者の意識改革と育成が必要です。

 

長い間、中小企業において総務・経理・財務部門は、利益を生まない部署として注視していなかったことが、中小企業が疲弊している原因の一つだと考えています。

 

私は、40代の前半に、ある会社の経理をしていました。

 

入社した当時は500万円の赤字でしたが、3年で黒字転換し、4年、5年目から3000万円の利益が出るようになりました。

 

その頃は、経営分析も分からない時でしたが、経理の仕事を通して、埋もれた利益を次から次に見つけて、社長に問題点と改善案を提案し、一つ一つ実践したことが大きな利益に変わった!と思います。

 

そして、その都度「これで私の給料が出た!」と自画自賛していました。

 

その経験を経営“見える化”実践塾、社長夫人革新講座、“できる経理”養成講座を通して伝えています。

経理・財務部門の力が経営“見える化”につながり、経営者は正しくタイムリーに経営判断ができる情報が得られるようになるのです。

 

【超わかりやすい経営実践セミナー】

6月9日(火)キャッシュフロー経営の時代!社内に“お金”が眠っている!

7月14日(火)“できる経理”は何が違うのか?

8月11日(火)社長!数字が苦手だと潰れますよ!

9月8日(火)社長夫人は財務分析のプロになれ!

10月13日(火)財務諸表がスラスラ読めるコツとは?

【桂福岡倶楽部】

6月5日(金)経営のための経営真理

7月3日(金)真の経営陣たれ―経営の絶対三要素

8月7日(金)誰がために―あなたは誰のために在るのか

9月4日(金)目に見えないバランスシート

10月2日(金)何処に―あなたはどこへ到着するのか

【経営“見える化”実践塾】

第1講 5月22日(金)正しい月次決算の早期実現に向けての仕組みづくり

第2講 5月23日(土)常に次の一手が打てるような決算書の読み方

第3講 6月12日(金)必要利益を算出し、利益計画を立てる

第4講 6月13日(土)売上―必要利益=経費(許容コスト)を算出し、経費予算を立てる

第5講 7月10日(金)4半期ごとの実績管理と決算に向けての着地点予測の立て方

第6講 7月11日(土)講座のまとめと実践的な課題の解決

【“できる経理”養成講座】2015年

第1講 5月15日(金)社長が見たい数字とは何か?

第2講 5月16日(土)経営をサポートするための財務諸表の見方

第3講 6月5日(金)未来を見据えた月次決差の組み立て方

第4講 6月6日(土)資金繰りの実務

【社長夫人革新講座】2015年

第1講 8月8日(金) オリエンテーション&問題抽出

第2講 8月9日(土) 自社と社長の特性を知る

第3講 9月5日(金) 決算書の見方Ⅰ

第4講 9月6日(土) 正しい月次決差の早期実現のための条件づくり

第5講 10月3日(金) 決算書の見方Ⅱ

第6講 10月4日(土) 資金繰りの作成と利益計画の立て方

【書籍好評発売中】

『これからの社長夫人は財務分析のプロになれ!』

『これからの社長夫人は会社経営のプロになれ!』