福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

総務・財務・経理部門のあるべき姿を明確することで業績が変わる!

2015年7月13日

5月から始まった経営“見える化”実践塾が、先週10日、11日で終了しました。

 

6回にわたって講座を進めていきましたが・・・

 

カリキュラム第1講は、3つの会計(1.制度会計、2.管理会計、3.未来会計)を活用して、次の一手を打つために、経営の“見える化”を図るということです。

 

同時に、今まで総務・財務・経理は利益を生まないという概念を崩し、積極的に経営のサポートができる部門として革新を図ることに取り組む重要性をお話しました。

 

また、計数管理を通して他部署との連携と事務部門の効率化を図れば、さらに収益を上げることができるということも・・・。

 

今後の総務・財務・経理部門のあるべき姿を明確にすることで、業績が向上するというスキームはご理解していただいたと思います。

 

詳細を次回お話ししましょう!

 

【超わかりやすい経営実践セミナー】

7月14日(火)“できる経理”は何が違うのか?

8月11日(火)社長!数字が苦手だと潰れますよ!

9月8日(火)社長夫人は財務分析のプロになれ!

10月13日(火)財務諸表がスラスラ読めるコツとは?

【桂福岡倶楽部】

6月5日(金)経営のための経営真理

7月3日(金)真の経営陣たれ―経営の絶対三要素

8月7日(金)誰がために―あなたは誰のために在るのか

9月4日(金)目に見えないバランスシート

10月2日(金)何処に―あなたはどこへ到着するのか

【経営“見える化”実践塾】

第1講 5月22日(金)正しい月次決算の早期実現に向けての仕組みづくり

第2講 5月23日(土)常に次の一手が打てるような決算書の読み方

第3講 6月12日(金)必要利益を算出し、利益計画を立てる

第4講 6月13日(土)売上―必要利益=経費(許容コスト)を算出し、経費予算を立てる

第5講 7月10日(金)4半期ごとの実績管理と決算に向けての着地点予測の立て方

第6講 7月11日(土)講座のまとめと実践的な課題の解決

【“できる経理”養成講座】2015年

第1講 5月15日(金)社長が見たい数字とは何か?

第2講 5月16日(土)経営をサポートするための財務諸表の見方

第3講 6月5日(金)未来を見据えた月次決差の組み立て方

第4講 6月6日(土)資金繰りの実務

【社長夫人革新講座】2015年

第1講 8月8日(金) オリエンテーション&問題抽出

第2講 8月9日(土) 自社と社長の特性を知る

第3講 9月5日(金) 決算書の見方Ⅰ

第4講 9月6日(土) 正しい月次決差の早期実現のための条件づくり

第5講 10月3日(金) 決算書の見方Ⅱ

第6講 10月4日(土) 資金繰りの作成と利益計画の立て方