福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

“自計化”が必要な理由8-自計化による管理会計で△500万円→3000万円へ

2013年9月28日

以前、私が勤務していた出版会社に5月に入社し、12月の決算までに3年遡って売掛金の回収をし、貸倒損失を防いだお話しをしました。

さて、次は売上拡大のきっかけを作ったお話しをしましょう。

入社当時の赤字500万円をどうすれば改善できるか?

まず、売上の過去5年間の成長率を分析すると、既に売上が横ばいになっていることが分かりました。

その中で、新入生の必須科目である社会科の教科書をピックアップしてみました。

市場は九州全域、顧客は高等学校の新入生です。

そこで市場占有率(販売冊数÷新入生の人数×100)は90%を超えていました。

競合他社があることを考えると・・・これ以上伸びることは期待できません。

そのことを社長に「市場を全国に拡大しないとこれ以上売上の増加は望めない」ことを報告しました。

その結果、翌期から北海道・東北・四国・山陰地方に見本を発送するようになり、さらに東京・大阪・名古屋などの都心まで拡大することができました。

someone write my essay

商品アイテムは20種類くらいありましたので、市場拡大することによって1.5倍の売上を伸ばすことができました。

“自計化による管理会計”は、タイムリーな経営情報を得られるので、次から次に手を打つことができるのです。

入社して3年後には赤字から黒字へ転換。

改革から4年目、5年目には、連続3000万円の利益を出すまでになったのです!

経営の次の一手を明確にする1日セミナー経営“見える化”実践塾

社長夫人を戦力化する社長夫人革新講座

ブログ『経営“見える化”実践塾』たった一日で会社の課題が発見できる!

ブログ社長夫人にしかできない 『経営問題を見抜く会計』とは?