福岡の経営相談・経営セミナーの福岡経営実務カレッジ

財務会計と管理会計の一体化こそが経営者の意思決定に役立つ会計となる!

2015年6月20日

先日、ある支援先企業様で感じたことです。

 

売上規模は約200億円です。

 

一般の中小企業では、現場と経理・財務部門は近距離で業務が行われていることが多いのですが、これくらいの規模の企業では、現場と経理・財務部門の距離はかなり離れた感があります。

 

例えば、現場で新たな設備投資をしてそれが稼働するまで3ヶ月かかったとします。

 

機械を購入した場合は、財務会計では固定資産の「機械装置」という勘定科目に計上し、その立ち上げに投じた費用は、それぞれの損益計算書の各勘定科目の費用に計上します。

 

しかし、現場はすべて完成するまでは、「建設仮勘定」にプール。

 

初期投資にどれだけかかったかを見て、完成して初めて適切な勘定科目に振り分けます。

 

そのために財務会計の損益とは違います。

 

後者の場合が「管理会計」です。

 

管理会計は、「初期投資」の金額を明確にし、その投資した資金をどのように、またどれくらいの期間で回収し、どの段階で利益に変わるかという「採算性」を明確にすることを重要と捉えます。

 

これのことから財務会計は資金を重視した会計で、管理会計は「採算性」を重視した会計だということが分かります。

 

経営は、この財務会計と管理会計との整合性で成り立つものです。

 

これが「経営」であり、経営者の意思決定に重要な経営データです。

 

【超わかりやすい経営実践セミナー】

6月9日(火)キャッシュフロー経営の時代!社内に“お金”が眠っている!

7月14日(火)“できる経理”は何が違うのか?

8月11日(火)社長!数字が苦手だと潰れますよ!

9月8日(火)社長夫人は財務分析のプロになれ!

10月13日(火)財務諸表がスラスラ読めるコツとは?

【桂福岡倶楽部】

6月5日(金)経営のための経営真理

7月3日(金)真の経営陣たれ―経営の絶対三要素

8月7日(金)誰がために―あなたは誰のために在るのか

9月4日(金)目に見えないバランスシート

10月2日(金)何処に―あなたはどこへ到着するのか

【経営“見える化”実践塾】

第1講 5月22日(金)正しい月次決算の早期実現に向けての仕組みづくり

第2講 5月23日(土)常に次の一手が打てるような決算書の読み方

第3講 6月12日(金)必要利益を算出し、利益計画を立てる

第4講 6月13日(土)売上―必要利益=経費(許容コスト)を算出し、経費予算を立てる

第5講 7月10日(金)4半期ごとの実績管理と決算に向けての着地点予測の立て方

第6講 7月11日(土)講座のまとめと実践的な課題の解決

【“できる経理”養成講座】2015年

第1講 5月15日(金)社長が見たい数字とは何か?

第2講 5月16日(土)経営をサポートするための財務諸表の見方

第3講 6月5日(金)未来を見据えた月次決差の組み立て方

第4講 6月6日(土)資金繰りの実務

【社長夫人革新講座】2015年

第1講 8月8日(金) オリエンテーション&問題抽出

第2講 8月9日(土) 自社と社長の特性を知る

第3講 9月5日(金) 決算書の見方Ⅰ

第4講 9月6日(土) 正しい月次決差の早期実現のための条件づくり

第5講 10月3日(金) 決算書の見方Ⅱ

第6講 10月4日(土) 資金繰りの作成と利益計画の立て方