相続税の計算で保険はどうなる?

相続税の計算をするときに、少し複雑になるのが保険の扱いです。
生命保険金は受取人が被相続人自身になっていれば、被相続人の財産なので相続財産になります。
遺族の誰かが受取人になっている場合も相続財産に含まれます。
被相続人以外の人が保険料を負担して、保険料を負担した人が受取人になる場合には、受取人個人の所得であって、相続財産には含まれません。
その人が相続人の一人であったとしても、相続財産には含みません。

被相続人が自分でかけた生命保険でも、受取人が被相続人以外の人であれば、相続財産には含まれません。
受取人個人の財産になります。
しかし、この場合には、みなし相続財産となって、相続税の対象になります。
受取人が、相続者でない場合には、相続財産にはなりません。
この受取人には、贈与税などの相続税とは別の税金がかかります。

生命保険金にかかる相続税には控除制度があります。
控除額は<500万円×法定相続人の数>です。
この場合には、相続放棄した法定相続人の数も含めます。
配偶者と子供二人の場合には、1,500万円控除されることになります。
また、配偶者が受取人の場合には、控除は3人分受けることができますが、保険金そのものは配偶者個人が受け取ることになります。
ただし、法定相続人であっても相続放棄をしているのに受取人になっている場合には、相続人以外の受取人となって控除を受けることはできません。

被相続人は、生きているうちに保険金を払うことで、相続財産を減らすことができます。
そして、自分が死んだときに払われる生命保険金には控除制度があるので相続税を節税することになります。

また、相続税は原則、現金一括払いです。
そのため、相続財産が不動産など現金化するのに時間がかかったりする場合の、相続税に充当する現金の準備にもなります。
相続財産の一部が居宅などの場合には分割が困難で、しかも継続してそのまま住み続けたい場合も少なくありません。そんな場合は、居宅を受け取れない相続人には現金で払う必要があります、
こういった資金の準備にもなります。
生命保険は、相続を円滑にしたり相続税納付を円滑するのに非常に利用価値の高い財産なのです。