相続税計算と行政書士

行政書士は、他人の依頼を受けて官公庁へ提出する許認可等の申請書類を作成したり、提出や手続きの代行をします。また遺言書作成に関する事実証明、行政への不服申し立ての手続きの等の代理業務をします。
相続を実施するときには、不動産登記や相続税の申告などの手続きが必要です。
相続を実施するときに必要な戸籍関係などの証明書をそろえたり、実際に相続の手続きのサポートをします。

不動産登記は司法書士、相続税申告は税理士が行います。
行政書士に相談すると、不動産登記が必要かどうか、相続税申告が必要かどうかの判断をしてくれます。
相続税は、相続資産が一定額以上にならなければ、申告する必要がありません。
申告が必要かどうか判断するには、相続税の大まかな計算をする必要があります。
多くの行政書士事務所のホームページで、相続税計算アプリを利用することができます。
また、実際に行政書士事務所に出向いて相談することもできます

行政書士事務所では、税務事務所や司法書士事務所と提携していて、必要な書類や手続き依頼をしてくれるところもあります。
直接依頼はしてくれなくても、紹介してくれる場合もあります。
行政書士事務所で、司法書士や税理士とコンタクトを取って取りまとめてもらうと、相続を簡単に迅速に進めることができます。

また、相続には身分を証明する書類や戸籍などを取り寄せる必要が出てきます。
遠方の市役所などから書類を取り寄せるのは、意外に面倒なものです。
被相続人が亡くなって、葬儀や事業の引継ぎなどで混乱しているときには、手が回らずに後回しになりかねません。
そんな場合にも、行政書士なら専門家なので迅速に書類をそろえることができます。

行政書士は、最初は無料相談の場合も多く、またその後の様々な業務も、弁護士事務所などよりは、費用を抑えることができます。
特に裁判になって争うこともないような相続なら、弁護士よりもはるかに安い費用で相続を進めることができるのです。
万が一、裁判所関連の代理業務が必要な事態に発展したときにも、提携弁護士事務所に早急に引き継いでくれます。
被相続人が亡くなって、何をどうしたらいいかわからない段階では、まず行政書士に相談すると良いのではないでしょうか?